人材不足の解消法

関西地域と言えば、多くの人が大阪や京都、兵庫といった、地域外の人にも観光地や大都市として知られている地域を頭に思い浮かべるのではないでしょうか。
こうした地域は、大都市であるがゆえに人口も多く、そのため人口あたりの看護師の人数は不足している傾向にあります。
しかし、看護師が不足しているのは都市圏だけではありません。人口の少ない地域では、看護師どころか医療施設そのものが不足している所も多いのです。
こうしたことも踏まえ、関西地域では看護師の絶対数の確保と平行して、広域医療に対する取り組みにも力を入れているのです。
広域医療が拡充されれば、例えば医師のいない地域でも、重傷者などが発生した場合でも素早く対応することができますし、大きな災害が起こった場合でも傷病者の手当や、恒常的に治療が必要な患者、例えば透析の必要な患者などに必要な処置を行うことができるようになります。
こうした中で、関西地域で看護師として働くことを念頭に入れるのであれば、一般的な看護学における知識だけでなく、広域医療についても対応できる知識と看護技術を有している方が望ましいのは言うまでもありません。
また、単に技術と知識を持っているだけではいけません。例えば、病院によってはヘリコプターで直接患者が運ばれてくる場合も考えられます。
また、場合によっては医師と共に医療ヘリコプターに乗り込んで、環境が整っていない現場で看護業務を行わなければならないという事態も予想されます。
そういった現場にはそうそう出くわす機会もなく、またその方が望ましいのですが、それでも経験の無い状況で看護に挑まなければならないことが考えられます。
現場での経験を積むのは難しいので、せめて心づもりだけはしっかりとしておき、シミュレーションも十分にしておかなければなりません。
こうしたことも踏まえ、関西地域の各都府県がどのようにして看護師の確保と育成に取り組んでいるのかを調べるのも、看護師としてこれから働きたい人や、看護の現場への復帰を目指す元看護士にとっては重要なことです。
自分が就業を希望する都府県の取り組みを知り、自分のキャリアプランを考え、それをライフプランに重ねてみて最適と思えるものを見つければ、長く看護師として働くことができます。
看護師に限ったことではありませんが、働くということは、給与を得るというだけでなく、社会に対して何らかの貢献をしているということです。
看護師としての誇りを持って、自分の希望する仕事を長く務めることは、看護師の不足という社会の抱える大きな問題の解決に寄与しているという事実も、心のどこかにとどめておくと良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です